効果に期待できる小顔になる方法とは?【美容整形を受ける】

サイトメニュー

メスを使わない方法もある

顔に触れる女性

他の科の医師が必要

小顔になる方法には顔の骨を削って顔の大きさを小さくするものしかないと考えている人が多いようですが、実は小顔になる方法はそれだけではありません。場合によっては顔に凹凸をつけるために、膨らみをプラスすることで顔を小さく見せることも可能です。顔は立体的にできているので、大きさ自体を小さくするのではなく、小さく見えるようバランスを整えるという治療が非常に効果的です。この場合には顔にいくつか注射をするだけで立体的に見せることができ骨を削る必要がありません。骨を削る治療は大きな手術が必要となるので慎重に考える必要があります。どうしても骨格から直したいという場合は骨格を削る手術を行う以外に方法がありませんが、顔を小さくすっきりと見せたいというだけであれば、骨を削る手術以外の方法も検討してみる価値があるでしょう。注射で凹凸をつけたり、脂肪を吸引したりする方法であれば副作用も少なく痛みもほとんどありません。それには顔が何故大きく見えているのかという原因を探す所から始めなくてはいけません。もしも顔のバランスが悪いだけだったり、脂肪が多くつき過ぎていたりするという時には骨を触らずに小顔にすることができます。脂肪吸引や脂肪溶解剤を使った方法は、部分痩せに最適な方法です。体はダイエットで細くすることができたのに顔にだけ脂肪が残ってしまったという人に向いています。部分痩せはとても難しく、体重を落とすだけでは他の部位ばかりが細くなり過ぎてしまうこともあります。小顔になる方法にはいくつもあるので、最も適した方法を選択することが大切です。小顔になる方法を選ぶ時に気をつけたいものは、効果が永久に続くものとそうではないものがあることです。手術などは効果が持続するものが多く、元に戻すことはできません。それに対して顔の凹凸をつけるためのヒアルロン酸注射などは、薬剤が体に徐々に吸収されていくので数か月後には元の状態に戻ってしまいます。これは気軽施術を受けられるというメリットでもあるのですが、何度も行うことになると費用が高額になってしまいます。一回にかかる費用を比べると、注射をするだけの施術は骨を削るものよりは安くなりますが、今後何度も施術を受けることを考えると、手術費用よりも高額になるということがあります。これは、今後どうするのか決まっていない場合には決めるのが難しいものになりますが、長い視点で計算をするということは忘れないようにしましょう。それ以外にも小顔に見せるためには口や歯の調子を整えることが必要になることがあります。この場合には美容外科だけでなく、口腔外科や矯正歯科の専門医が必要になることもあります。それぞれの専門が違うので、同じクリニック内に色々な科の専門医がいるところでの手術は、それぞれの専門医の意見を聞きながら手術を受けられます。小顔になる方法を受けたいという場合には、美容外科医だけでなく他の診療科の医師も座に中しているところを選ぶようにすれば満足行く治療が受けられるでしょう。同じクリニック内に他の科の医師がいない場合には、提携している病院から来てもらえることもありますが、時間が余分にかかることもあります。

Copyright© 2018 効果に期待できる小顔になる方法とは?【美容整形を受ける】 All Rights Reserved.